忍者ブログ

簡単ダイエットで快適生活では、さまざまなダイエット方法の中で効果が出やすいダイエット方法や簡単に実行できるダイエット法などをわかりやすく解説しています。

Posted by - 2018.12.12,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

Posted by ダイエッター - 2010.04.15,Thu
朝バナナダイエットを成功させるための注意点についてです。

バナナと水でできる手軽なダイエットではありますが、ちょっとしたコツを守ると効果もぐっと高まります。

脂肪分解酵素というバナナに含まれている成分は、43度以上の熱をかけると壊れてしまいますので、生で食べることが必須です。

バナナをオーブンで焼く焼きバナナは甘みが増して美味しい食べ物ですが、ダイエットには不向きです。

美味しい冷凍バナナも、ダイエットには逆効果です。

凍らせると体を冷やしますし、体の冷えは代謝の低下につながるからです。

冷凍バナナも朝バナナダイエットでは避けてください。

両末端に農薬成分が溜まりやすい農薬を使っているバナナは、両端を少し切って捨ててから食べるようにしたほうが良いでしょう。

朝バナナダイエットでは夕食や昼食には制限はありませんが、食べ過ぎはよくありません。

毎日通常通りの食事をするようにしましょう。

普段の食事もよく噛んで食べ、唾液の分泌を促すと、ダイエット効果を高めることができます。

食べ物が消化酵素とよく混ざり、消化吸収の効率がアップするでしょう。

咀嚼がしやすくなりますので、ご飯を7分米にするなどして固い食べ物を増やすのもおすすめです。

朝バナナダイエットは、以上のような点に注意してすると良いでしょう。
PR

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

Posted by ダイエッター - 2010.04.14,Wed
最近注目されている朝バナナダイエットは、ダイエット効果が朝バナナと水だけで過ごせばあると言われています。

朝バナナダイエットの手順を詳しく見てみましょう。

朝は常温の水を飲むと同時にバナナだけを食べるようにするのが、朝バナナダイエットの基本です。

バナナに本数の制限はなく、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。

そのとき飲む水はコップ一杯程度を目安にしましょう。

その後水以外のものを飲む場合には、朝食後15分ほど時間をおいてからにしましょう。

とくに昼食については制限はありませんが、朝バナナダイエット中にお勧めなのは和食です。

お米をおかずより多めにして、積極的にミネラルや食物繊維、酵素を摂るようにします。

ありがたいことにチョコや和菓子などがお勧めでおやつの制限もありません。

内臓への負担も単品の果物を摂取するようにすると、軽くすることが可能です。

毎日の運動のノルマはありませんが、軽い運動はダイエット効果を上げることができるでしょう。

朝バナナダイエットを成功させるには、早めの夕食がいいでしょう。

18時台が望ましいところですが、遅くても20時には摂取しましょう。

夕食が遅くなると消化時間もずれ込みますので体が活動状態のまま睡眠になり、眠りの質にも影響します。

夜型生活を送っている人は、サイクルを早めに切り替えることも、朝バナナダイエットを助ける効果があります。

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

Posted by ダイエッター - 2010.04.13,Tue
よく耳にする朝バナナダイエットは、バナナがスーパーから消えるという現象が起きたほど、人気があるダイエット方法です。

果たして毎朝バナナを食べて水を飲むだけという簡単なダイエット方法ですが、効果はどのくらいあるのででしょうか。

ダイエットがバナナでできる決め手は、酵素があることが大きいといいます。

酵素という成分は、体内で脂肪などの分解を促進する働きがあります。

酵素がエネルギー代謝を促進することで、ダイエット効果を高めます。

酵素だけでなく、バナナはダイエットに優れた成分をたくさん含んでいます。

脂質や糖質の代謝に役立つビタミンB群、適度な満腹感をもたらし、腸を刺激して便秘解消に効果がある食物繊維などです。

血圧の調整やむくみ対策に効果のあるカリウムもあります。

さらにバナナに含まれるヒズチジンが効果的なのが、ストレス軽減です。

何かとダイエット中は溜まりがちなストレスを抑えるのに効果的だといいます。

バナナは甘くて食べやすく、洗い不要で皮を剥く時も特別な道具はいりませんし、コストが安く手軽に続けられることも、朝バナナダイエットのメリットだといえます。

人気が出るのも当然というくらい優れた方法である朝バナナダイエットは、忙しい人でも無理なく取り組めるのでおすすめです。

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

Posted by ダイエッター - 2010.04.12,Mon
プロテインダイエットをする場合にはどのように飲んだほうが良いのでしょうか。

1日に吸収できるたんぱく質は、日本人の場合35gとされているそうです。

ダイエット効果は、プロテインを過剰に摂取してありませんし、かえってマイナス効果になってしまいます。

肝臓や腎臓に負担をかけてしまうのが、分量を抑制するために食事代わりにとプロテインを摂取し、直後に激しい運動をすることです。

プロテインの吸収効率のいいダイエット時の飲み方は、ぬるま湯や牛乳にプロテインを溶かしてから飲むというものです。

60度以上に溶かしこむ液体の温度を上げるとプロテインが変質してしまいますので、温度には注意したほうが良いでしょう。

毎日継続して飲んでも飽きないようにすることもできます。溶かす液体を、オレンジジュースやお茶など色々なものに変えてみてり、味のついたプロテインを使ってみると良いでしょう。

実際にプロテインを摂取するタイミングは、運動開始の1~2時間前が良いといえます。

ダイエットでは、摂取して運動時のエネルギーの確保をしながら筋肉の修復に役立てるという方法が良く知られています。

疲労回復に運動後30以内に摂取して活用する方法や、筋繊維の修復に寝る2~3時間前に摂取してあてるというやり方もあるようです。

プロテインは飲んでから吸収まで多少の時間がかかることを、プロテインでダイエットを行う場合は念頭に置いて扱ったほうが良いでしょう。

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

Posted by ダイエッター - 2010.04.11,Sun
どのようにプロテインダイエットを行えば良いのでしょうか。

元々はアスリートが体型維持や筋力増強のために用いていたものがプロテインです。

現在はダイエット方法としても一般的になりつつありますが、プロテインダイエットとしてはプロテインの摂取だけでは片手落ちです。

プロテインダイエットは運動と組み合わせて初めて、ダイエット効果を得られるのです。

ダイエットのためには運動によって脂肪燃焼を促さなければ、プロテインは脂肪の分解を助ける成分ですので意味がないのです。

プロテインダイエットに取り組む場合、プロテインの摂取と共に1日15分程度の有酸素運動をする時間を確保しましょう。

有酸素運動をすることによって人の体は脂肪が燃焼し、ダイエット効果を得られます。

リバウンドのリスクが低いことが利点である運動と組み合わせたダイエットは、体力増強効果があるといいます。

プロテインは大量に摂取すればいいというわけではないようです。

プロテインの過剰摂取は、反対に体調を崩す原因となってしまうかもしれません。

適量のプロテインは脂肪燃焼を助ける効果の他、免疫力アップや疲労回復、筋力増強効果がありますが、摂りすぎはよくありません。

ダイエットのためとプロテインの量を増やすくらいなら、規則正しい生活リズムを保ち、低カロリーで栄養バランスの取れた食事を摂取するように心がけましょう。

さらに詳しい情報はこちらから→ranking

発行メルマガ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 簡単ダイエットで快適生活 あわせて読みたいブログパーツ
  • 無料SEO対策
SEOパーツ
バーコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]